即日(時)荷重インプラント

即日(時)荷重インプラントとは

 通常のインプラント治療では、インプラントを埋入後、3~6ヶ月ほど骨と インプラント体がしっかりと結合する間、噛めない状態で待たなければなりません。 それから、仮歯の期間の2ヶ月後に最終の補綴(かぶせ物)の完成になります。 出来るだけ早く噛める食生活を取り戻して頂けますように、 当医院では、1日で噛める即日(時)荷重インプラント手術法を行っています。 インプラントを埋め込んだその日、もしくは、数日以内に白い仮歯の装着をする事ができ 普段通りの食事をする事ができます。1歯から複数本の欠損はもちろん、
全ての歯が欠損している場合など即日(時)荷重は大変価値のある手術法です。
中でも代表的な当医院のインプラント治療に最少4本のインプラントにより、1日で固定式の歯が入り噛める機能を取り戻せるインプラント治療法があります。 歯科用CTによる正確な診断により、安心、確実なインプラント手術を行っています。

インプラント治療の流れ

■術前-検査と準備
レントゲン写真、パノラマ撮影、歯科用CT(断層撮影装置)などを撮り、全体的な治療計画を立てます。

手術当日-インプラントの埋め込み
抜歯が必要な場合は抜歯します。インプラントを埋め込みます。麻酔をしてから行うため痛みはまったく感じません。

手術当日-休憩
インプラントを埋め込んだ後はしばらく休憩します。

手術当日仮歯の装着
即時荷重(インプラントを埋め込んだ後にインプラントの上部に仮歯を装着できます。)

■約3ヵ月後-最終補綴の取りつけ
型をとって天然と思わせるような美しい仕上がりのかぶせ物を装着することができます。

抜歯即日(時)荷重インプラントとは

 虫歯や歯周病、外傷性の歯の破折などで抜歯した場合通常のインプラント治療でしたら、抜歯をしてからインプラント埋入するのに5~6ヶ月かかります。その期間、治癒しながら骨は吸収し、痩せてしまいます。それからインプラントを埋入し3~4ヶ月待ち、次に2ヶ月間位の仮歯の期間後に最終の補綴(かぶせ物)の完成になります。しかし、抜歯即日(時)インプラントの場合は歯を抜いたと同時にインプラントを埋入したその日か次の日には、白い仮歯を装着して頂きますので、お食事をする事ができます。1回の手術で済み治療期間が大幅に短縮されますし、麻酔や外科的処置の負担も少なくてすみます。

 即時荷重

▲抜歯即日(時)荷重インプラントの施術イメージ

通常のインプラント治療期間

 1

抜歯即日(時)荷重インプラントの治療期間

2

症例

症例1

sudou_ct_3 sudou_ct_2
▲インプラント治療前のレントゲン→インプラント治療後のレントゲン

sudou_ct_hidarishita sudou_ct_migishita
▲インプラント治療後のCT撮影

sudou_pt_1 sudou_pt_2 sudou_pt_3sudou_pt_8
▲インプラント治療後のインプラント写真→インプラント治療後にセラミックを装着→インプラント治療後のかみ合わせの写真→インプラント治療後右上の5番と左上 |4567にMBを装着

sudou_pt_5 sudou_pt_6 sudou_pt_7 sudou_pt_4
▲インプラント治療後の写真→インプラント治療後にセラミックを装着→インプラント治療後の左下のセラミックを装着→インプラント治療後下の左右にセラミックを装着

症例2

inoue_pt_1  inoue_pt_3 inoue_pt_4inoue_pt_2
▲インプラント治療後の写真 右上64 | のインプラント→インプラント治療後の写真前歯から左上にかけてインプラント→インプラント治療後の正面写真 MBの装着→インプラント治療後の写真 上の前全てMBの装着