外科的矯正手術とインプラント手術による審美

 上顎前突の外科的矯正とインプラント 上顎(上の歯)が前方に出ている。(上顎前突)の症例です。 歯だけではなく歯槽骨(歯を支えている骨)から前方に出ているので 54321 | 12345 は外科的な矯正によって後方に歯槽骨ごと ずらしました。術後、患者様の希望により、セラミックを装着しました。

▼左から術前・術後
 

 
▲術前の横顔→術後の横顔

術 後、鼻の下から口元までの張った感じが無くなり口が閉じるようになりました。 下がっていた口角も上がり鼻唇溝(法令線)も目立たなくなりました。鼻の下にある 溝(人中)も現れ若々しくなりました。 下顎(下の歯)は右下・左下は歯周病の為に歯が無くなりましたので、インプラントを埋入してセラミックを装着しました。

 
▲術前の正面→術後の正面